うつ病改善に繋がる薬と理解すべきことについて

レディー

不足したらダメな栄養

服薬する人

うつ病になる人が年々増え続けており、現在では誰でもうつ病になる可能性があると知られています。そんなうつ病を放置していると他の病気と同じように症状が悪化する可能性が高いのでうつ病はなるべく早く治すようにしましょう。一般的にうつ病は精神面に影響を与える病気だと知られていますが、実は肩こりやめまい、頭痛など体にも現れる症状があるのです。このような症状がストレスとなり余計に病気を悪化させる可能性があります。またうつ病は医学的にハッキリメカニズムが解明されていません。そんなうつ病の可能性がある際にやってはいけない行動があるのでしっかり確認しておきましょう。うつ病になると気分が落ち込むので、高揚させるためにお酒を大量に飲もうと考えた人もいるでしょう。しかし、うつ病の状態に大量にお酒を飲んでしまうと逆に自分を追い詰めてしまう可能性があるのです。うつ病かも知れない場合はなるべくお酒も控えた方がよいでしょう。通常脳からセロトニンと呼ばれる物質が分泌されます。セロトニンには生活のリズムを保つ役割がありますが、アルコールがセロトニンを減少させてしまうので生活リズムが乱れてしまいます。もしうつ病の状態でセロトニンが減少するとうつ病の進行が急激に早まり、より重い症状を引き起こしてしまうのです。またセロトニンはアミノ酸が不足すると同時に減ってしまいます。これもうつ病の症状を悪化させるきっかけになります。うつ病の代表的な症状の1つにやる気がなくなってしまうというものがありますが、その影響で食事も栄養が不足したものになってしまうことがあるでしょう。しかし栄養バランスを無視した食生活ではアミノ酸が不足するだけでなく他にも健康に影響するような状態になってしまうことがあるので気をつけましょう。
またアミノ酸を多く摂取したいのであれば、肉や卵、魚などが最適ですが、うつ病治療薬で摂取することもよいでしょう。抗うつ薬はセロトニンの量などの量を増やすことで脳を活性化させることができるのでうつ病の症状が緩和されます。うつ病は基本的にカウンセリングや周りの人の話しで判断する病気でしたが、最近では光トポグラフィー検査と呼ばれる検査でうつ病かどうかをチェックできるようになりました。この検査は次の3つに該当する人が受けることを推奨されています。1つ目はうつ病の症状があるけど、本当にうつ病かわからない場合です。2つ目はうつ病の薬を飲んでいるけどあまり薬の効果がない場合です。3つ目は診療科に不安がある場合です。光トポグラフィー検査では血液の様子を可視化できるのでうつ病かどうかより明確にわかるようになるのです。以前から心理検査はうつ病かどうか判断するときに利用されていましたが、現在はより様々なタイプの検査が導入されています。